暴力団

近年、取締りが厳しくなった暴力団ですが、意外にどうすれば、暴力団になれるのかは知られていません。以下に暴力団になる例を挙げていきます。

■暴走族に所属する

最近見かけなくなった暴走族ですが、暴走族は何処かの暴力団にお金を払い、トラブルを起こした時に助けて貰っています。 年老いてから、暴力団に移る方もいらっしゃいます。


■闇サイトの求人を見てみる

闇サイトには、薬物の運び屋や闇金、ハーブ屋さん、裏カジノなどの求人が出ています。 そうした仕事から、暴力団になる方もいらっしゃいます。

■暴力団の関連企業に就職する 夜の仕事や建設業、パチンコ屋やAV事務所など、以外と知られていない暴力団関連企業があります。 全てが関連している訳ではありませんが、そうした職に就いてから、暴力団になる方もいらっしゃいます。

 

最近の流行りは、インテリな暴力団?

一昔前までは、暴力団の組事務所の門を叩けば、暴力団になれたりしたのですが、最近の暴力団は、インテリが主流となっています。 何故なら、近年は暴力団の取り締まりが厳しくなり、闇雲に資金源を確保するのが難しくなりました。

 

なので、高学歴な方を暴力団は確保し、資金源を確保したい訳です。 また、司法関連の大学を出ている方で、暴力団に所属している方は、顧問弁護士などになっていますし、低学歴だと、薬の運び屋や風俗店の雇われ社長、闇金の受取り係になる可能性が高い訳です。 そうした小さな仕事だと、警察のお世話になる可能性が高い為、あまりやりたがる方はいらっしゃいません。

本当の暴力団は?

暴力団がいると治安が悪くなると思われがちですが、震災の時は、物資を積極的に運んだり、炊き出しをして、治安を守ってきました。 しかし、近年では取り締まり強化により、暴力団より一般的な仕事に就く方が安全と考えられるようになりました。 もし、なる覚悟があるならば、警察のお世話になる事を念頭にあげなければなりません。

↑ PAGE TOP